HOME>イチオシ情報>総入れ歯とは違い安価に作れるのがウリとなる入れ歯
口元

健康的な口腔内を維持

歯抜けにより食事での不満をあげるのは高齢者に多く、とある統計では60%ほどが入れ歯生活なのだそうです。それほど多くの高齢者が使っている理由としては、噛める喜びだけでなく、総入れ歯とは異なり外れにくさもあるようです。もちろん、インプラントなど新治療も歯科では提供されていますが、技術費でも部分入れ歯の負担はそれほど大きくないようです。保険診療の部分入れ歯なら約5000円から、安価に作れるのが魅力のようです。一度作っても、歯の状態によってすぐに作り変えなければならない可能性もあるようで、その場合にも高価なものより安価なもので良かった、そうした声も聞かれています。また、保険診療であれば、不具合が生じたとしても、かかりつけではなくどこの歯科でも修正、治療をすることができるのも人気となる点です。金属バネを使った部分入れ歯のほか、人気なのは金属ではない樹脂素材、バネではなく磁石などです。また、健康な歯のためにも定期的に歯科にてクリーニングするなど、口腔内の環境は良好なようです。

バネなしやありで作る

虫歯などが原因でできた小さな欠損であれば、インレーという詰め物で塞ぐことができますが、抜けた歯が1本ではなく数本並んでなど、比較的多い時には部分入れ歯が作られるのです。抜けた歯の数が少ないなら、ブリッジを提案する歯科もありますが、残り少ない歯に着目してみれば、噛み合わせる力に耐え難くなります。歯科では、歯肉にその負担を分散させる提案をしています。口腔内の状況から検討し、土台を用意して設計、クラスプを使って納めるのですが、部分入れ歯は基本的には取り外して洗浄することができる仕組みです。しかし、金属アレルギーを持っているならば、最適な入れ歯として金具を使わないタイプで製作してくれます。歯科でのサービスでは、費用を安く抑える保険適用での部分入れ歯をまずは提案しますが、カウンセリング時には保険外診療についてもしっかり説明してくれます。結果、審美性や口腔機能の重視など、様々な種類の部分入れ歯が製作できます。